自動車査定

スポンサードリンク

車買取

車買取

 

【車の下取り】を検索する人が車買取業界で”カモ”と呼ばれる所以

 

突然ですが・・・・

 

Googleの検索で「車 下取り」と調べる人・・・

 

月間約3600人「車 下取り 時価」と調べる人・・・

 

月間約880人「車 下取り 査定」と調べる人・・・

 

月間約880人「車 下取り とは」と調べる人・・・

 

月間約170人貴方が調べようとしている事が仮に上述のキーワードに

 

該当しているならば、その情報を探そうとしている現時点においては、

 

貴女は、車の下取り・買取業界の絶好のカモと言わざるを得ません。

 

なぜ、「下取り」を検索するという事でカモになってしまうのか?・・・

 

一言で言えば、「下取り」に関心のあるお客さんが、

 

「車の下取りや買取に関してあまりにも無知」だからです。

 

車業界から見れば、「車の下取り」はカモをおびき寄せるためのいわば

 

「カモワード」なのです。

 

ただし、仮に現時点でカモであったとしても、 不可欠な知識を知る事で、

 

反対に相手をカモにする事もできます。

 

本テキストは、ウソ八百の一括査定などへの誘導ページではないのです。

 

貴方が知りたい事は、おおまかに言えば「下取りって如何になの?安心なの?」 

 

って言う所だと考えます。

 

多くのWebページでは、ただ「下取りは安い、一括査定にしろ」と、

 

とにもかくにも一括査定に誘導する事しか心積もりていません。

 

こういった投稿を書かなければ、多くの人が、

 

「下取りはダメなんだ、買取がいいのか、その上一括査定がさらにいいんだな、

 

じゃあ・・・」と安易に登録してしまい、大変な考えをしたうえに、

 

結局は彼らのカモになってしまいかねません。

 

それにしても冒頭から”カモ”というキツい表現を連発しているのには、訳があります。

 

それは、下取りにしても、買取にしても、車を売る人の多くが、普通のありがたみとは

 

程遠い費用で車を売り渡ししている現実があるからなのです。

 

そんなにの人がカモられる車下取りや買取の業界とは?

 

心積もりてみて下さい。

 

貴方の周囲(一例を挙げれば車で30分以内の距離)に、

 

車を売る事の可能な箇所は何か所ありますか? 

 

言うまでもなく住んでいる位置にもよります、私の家屋から車で30分の距離で

 

言えば、恐らく1000件以上あります。

 

例を挙げると・・・新車ディーラー

 

(トヨタ・日産・ホンダ・マツダ・三菱・スバル・ダイハツ・スズキ・

 

ベンツ・BMW・・・・)

 

一流企業車買取専門店(ガリバー、ビックモーター、ラビット、JAC、etc)

 

中小車買取専門店 数多くガソリンスタンド車の整備工場オートバックス車の解体専門家

 

ユースド車の輸出プロ1000件とまではいかずとも、車で30分走っても、

 

相当車を売る箇所がない。

 

なんていう箇所は、日本中探しても、滅多にないのです。

 

全国の自動車提供店の数は、日本全国すべてのコンビニの数をも上回る

 

というリサーチ結果があります。

 

提供が可能なという事はほぼ間違いなく買取もできます。

 

つまり車を売れるスポットは、コンビニの数よりも多々あるという事なんです。

 

「コンビニで物を買った事がない」という人は全くいません。

 

多くの人が普段的にコンビニを使用します。

 

でも、「自分は何回も車を売った経験があるよ」なんて人は全くいませんよね。

 

車を売る位置なんてそうそう使用するようなものではないのです。

 

にもかかわらず、車を売れる箇所は数えきれないほどある。

 

ここで大きな質問が沸き上がります、車を売る人はなかなか少なくて、

 

車を売れる位置は数えきれないほどあるのに、車買取専門店など

 

大抵車の買取を主にしている企業は、なぜ生き残れるのでしょうか??

 

要因は手っ取り早くですね??? 

 

そうです、一台あたりの利益(粗利)がバカでかいからなんです。

 

つまり、車を売った人の立場に立てば、車を売った店に、ごっそりと利益を

 

取られているという事ですね。

 

事例によっては数十万円刻みで結果に差が出るでしょう。

 

反対に言えば、車を売るという事は、それぐらい大きな調達を

 

する事と同じなのです。

 

何も知らずに売るという事自体が、

 

「何にも知らないから、何十万円でも持ってってくれ」

 

と言っているようなものですからね。

 

車の下取りとは

 

 

ひとまず、”カモワード”である車の下取りについて、

 

サクッと解説しておきます。

 

車の下取りと買取の異なる点は?車の下取り・・・車を乗り換える場合、

 

それまで乗っていた車を次の車を買った店舗に、売り渡しする事車の買取・・・

 

下取り以外の店に車を売り渡しする事俗に下取りよりも買取の方が高いと

 

いわれていますが、100%ではないのです。

 

下取りは、手っ取り早くに値段を教えてくれる事が多く、買取を活用する人は、

 

その下取り価格を持って買取屋さんに行く事が多々あるので、結果的に、

 

買取の方が高い値段を付ける性質にはあります。

 

けれども、この流れこそが、”カモの定石コース”と言えるので、これについては、

 

後ほど細かいところまで紹介を入れています。

 

車の下取りの良いところ・悪い面とは?

 

様々なWebページに下取りについては長所・短所が書かれていますので、

 

ここでは質素に箇条書きで解説していきます。

 

下取りの長所乗り換えが最もスムーズで手間がかからない全く交渉が必須ない

 

査定代金を造作なくに知る事が可能な新しい車を下取りに出す時、

 

どこよりも高い費用が出る事が稀にある

 

下取りの悪い面

 

実のところの市場長所に基づいた査定プライスではない。

 

普通にプライスは安いオールド車のケース処分料を請求される事もある

 

これらの詳しい紹介は、下の長い解説の中ですべて紹介しております。

 

車の下取りの時価はわかるの?普通に、下取りをしてもらう店により、

 

下取りの水準はバラバラです。

 

けれども、新車ディーラーの下取りには、よく使われるスタンダードと

 

なる本があります。

 

それがイエローブックという、JAAI(日本ユースド自動車査定協会)

 

が出版している有料の本です。

 

専門家向けの本ですが、一般の人でも恐らく買おうと思えば買えると考えます。

 

必然的に望む人はJAAIに照会してみてください。

 

とはいっても、一般の人がショッピングしても、解釈がないどころか、

 

この値を鵜呑みにしてしまうと、大損してしまう見込みが高いです。

 

そもそも「下取りの時価」を気にしている時点で、リスキー信号が

 

点灯しているとお伝えしておきましょう。

 

その所以については、この後びっしりと詳細に記述しています。

 

車の下取りの査定水準とは?これもショップによって異なる点ます。

 

ディーラーの下取りのケース、上述のイエローブックの査定水準費用から、

 

傷、凹み、故障、走行距離などで減点(加点)していき、査定値段を

 

判断する事例が多々あるです。

 

ディーラーの下取り査定レベルは、”ユースド車市場の適正な時価”ではなく”

 

ディーラーにとっての適正な時価”という色が強いです。

 

ディーラーにとっての適正な時価とは、要するに「新車を売るために、都合のよい

 

下取り時価」と考慮していただければ理解いただけやすいです。

 

ディーラーにとっては、一度売ってしまった車のありがたみは、経過期間と比例して、

 

どんどん値打ちが下がる方がありがたいですね。

 

「乗りつづれば乗り続けるほど、車の長所は下がります。

 

だからさっさと新車に乗り換えましょう。」と

 

言いたいからですね。

 

イエローブックの査定規格は、そのようなディーラーのあるべき姿的な

 

金額下落を実現して、なおかつ日本ユースド自動車査定協会という客観的な

 

レベルですので、 多くのディーラーが査定のレベルとして、この水準を使っています。

 

さて、「車の下取り」全体はこれぐらいにしておきます。

 

理由を言えば、これらをどんだけ克明に書いても、貴女にとって有用な情報には

 

ならないどころか、 このままでは、よりカモに近づいてしまいかねないからです。

 

下取り=カモ と言われるのは何故か?

 

下取りの実態とは?

 

ディーラーは下取りで、悪い事をしたり、客をだましているわけではないのです。

 

ただし、結果的には、通例の美点とは程遠い価格で下取り、

 

不当と言える利益を上げてしまう事が多々あります。

 

加えて、その事で誰も、ディーラーの事を責めたりする事もないのですので、

 

昔も実際も下取りの査定スタンダードはかわらぬままです。

 

これを解説するには、ユースド車の産業が生まれた背景をさかのぼる

 

不可欠があります。

 

下取りというサービスが生まれた経緯ユースド車の商いが本格的に

 

始まったのは、それほど昔ではなく、現在から30年から40年ほど前ぐらいです。

 

それまでは、車を売るといえば、ディーラーに売るぐらいしか手段が

 

ないのですでした。

 

ディーラーからすれば、「新車を売りたいけども、オールド車がいつまでも

 

残っていたら、相当新車に乗り換えてくれない。

 

だからめんどくせえけど、下取りしないとしょうがない。」というわけで

 

車の下取りを開始出来たわけです。

 

そうすると、下取りした車を処分する(売る)箇所が必須となります。

 

そうして、エキスパートのオークションが各所で誕生しました。

 

時を同じくして、ユースド車を提供するショップが、各所で増加し

 

スタート出来ました。

 

その頃は、町の自転車屋さんが、ビジネスを拡大する流れで、ユースド車を

 

提供しとりかかるなんていう流れで、ちょっとずつ、増大していったそうです。

 

そうして、ユースド車商いが本格化してきたのです。

 

けれども、最初のユースド車市場は、大きな問題を抱えていました。

 

30年前のユースド車市場が抱えていた大きな問題点とは? 

 

その頃、オークションはまだまだ出来立てほやほやの状況。

 

出品台数もあまりない状況おそらく、時価もその時々の需要と供給の結びつきや、

 

車の状況次第で、大きく移り変わりしていただろうと想像します。

 

と他えば、直近のオークションで同じくの車が50万円で落札されていたとします。

 

これを40万円で下取りして、いざオークションに出品してみたら、

 

たまたま需要がおおかたなく、25万円しかつかない。

 

何て事もしょっちゅうあったわけです。

 

自然ですが、ディーラーにしてみれば、下取りはギャンブルではないのですし、

 

ましてや、新車を売るために仕方なくやっている事ですから、不要なものを

 

引き取った上に、損をしては話にならないわけです。

 

もちろん、オークションで売り渡し可能な予想よりも、かなり安めに下取りしないと、

 

事例によっては、新車を売った利益が吹き飛んでしまう事もあるわけです。

 

50万円と予想したものでも、下取りの査定プライスは10万円とか、

 

せいぜい頑張って20万円程度とか、それぐらいのゆとりは持っておかないと、

 

ディーラーの立場になって腹積もりたらリスキーですよね。

 

そもそも、下取りに出す車は、双方にとって不要物なわけで、そのようなものに

 

高い危険性を負って、高いお金を払う必須性は、売る方も買う方も感じていません。

 

ディーラーの下取りとは、そのような経緯で始まった事を知っておく不可欠があります。

 

ただし、それが考えもしなかった高値を付けるケースもあります。

 

そしたら、新車を提供する以上の儲けが出る事もあります。

 

「だったら、積極的に買取したらいいのに・・・」と思われるかもしれません。

 

ただし、ディーラーの立場からすれば、

 

「新車を欲しがる人は、こっちが欲しがってないのに、勝手に車を持ってくる」

 

→「だから危険性を負わず、安価に買える」なので、変にディーラー側が

 

積極的になる必須はどこにもないわけです。

 

ディーラーがそうやって、下取り車を欲しがると、お客さんにも欲がでます。

 

そうすると、安価に買えていたものも、そうは行かなくなります。

 

だから、ディーラーは下取り車を必ずに欲しがりません。

 

ディーラーからすれば、とにもかくにも新車を豊富に売れば、その分下取りも

 

勝手に増えるわけで、反対に、ディーラーが積極的に「高値で下取り(買取)します!」

 

と告知したところで、新車の提供台数が増えるわけではないのです。

 

新車の提供台数は、断っておきますが”新車が望む人””新車が必須な人”を

 

集めて初めて増えるからです。

 

仮に、下取りした車をオークションで売って得られる利益の設定を、

 

それまでの二分の一にしたとしましょう。

 

それで「おっ!何となく下取りがいい値段だな。

 

よしじゃあ新車を買おうじゃないか!」って、貴女はなりますか? 

 

さらに言えば、自身の車の時価なんて、下取りの予算を聞いて初めて知る

 

ものなんだから、ディーラーが下取りで得られる利益を、増やしたか、

 

減らしたかなんて、お客さんには見えるわけないんですよ。

 

だから、ディーラーにとって下取りはおいしいものですが、

 

決して積極的にやるものではないです。

 

反対に言えば、 「ネガティブであればあるほど、儲かるオマケのようなもの」 

 

だという事ですね。

 

やがて時価が安定しだした、ただしディーラーの下取りは依然として・・・?? 

 

やがて、ユースド車業界はバブル期前後に全盛期を迎えます。

 

ユースド車屋さんはこのポイントに爆発的に増大しました、加えて、

 

現在ではコンビニの数を上回るほどの数にまで膨れ上がっています。

 

オークションで車を仕入れるエキスパートが増えるという事は、

 

時価が安定するという事です。

 

現在では、プロオークションで取引される車は、過去何回かのオークションの

 

結果から車名年式走行距離型式評価傷、凹み修復歴の有る無し車体色等々

 

を調べれば、よほどの素人でない限り、ほぼピン要点の時価を知る事ができます。

 

もちろん、ディーラーも下取りした車が、どれくらいで落札されるのかは、

 

手っ取り早くに予想ができます。

 

(※当然、一般の人にはオークションの履歴を見る事ができませんので、

 

時価はわかりません。) 

 

ただし、ディーラーは現在まで「大損する危険性を負えない」と予想した時価よりも、

 

かなり安い価格で買っていた下取り車で、オマケとは言え、莫大な利益を

 

挙げていたわけです。

 

先程、解説しましたが、下取りする代金を頑張ったところで、新車提供には、

 

そんなに影響もないのです。

 

危険性が減ったからといって、オークションの時価ぎりぎりのプライスで買う

 

不可欠はどこにもないわけです。

 

さらに、嬉しいな事に、売ってしまった車の値段が妥当か如何にかなど、

 

すでに手元にない車の値段は調査しようがないのです。

 

つまり、車を下取りで時価よりどんだけ安価に取られてしまうおが、後になって、

 

「おい!俺をだましたな!あの車、他のプロなら何十万も高い値段じゃねえか!!」

 

と文句を言われる事もありえないわけです。

 

他にも、ディーラーの下取りは、現在目下においても”不要物回収”

 

という姿勢を崩そうとしません。

 

今後も異なる事はないでしょう。

 

ディーラーの下取り水準に隠された秘訣とは??

 

ただし、ディーラーの下取りの総体像としては、こうですが、実のところ、

 

下取りの車を査定するのは、営業マンの業務です。

 

営業マンからすれば、値引きはできないけども、1台1台状況の違う

 

下取りの車の査定で、少々の値段をつり挙げる事はできるな事です。

 

お客さんとの交渉で、値引きをする代わりに、下取りを高くとるという事も

 

できるなわけです。

 

万が一、ディーラーの事例、営業マンがオークション時価を直接見てしまうと、

 

新車を売るために、下取り代金を理不尽に上げにいってしまう見込みがあります。

 

営業マンがそのような勝手な事をすると、困りますので、 ディーラーでは、

 

営業マンには専門家オークションの時価を見せません。

 

その代わりに、各ディーラー毎に、下取りのスタンダードプライスの表を

 

設定しているのです。

 

ただ、あまり客観性に欠けると、「トヨタは下取りが悪い」とか

 

「ニッサンの下取りは安い」とか言われかねないため、多くのディーラーが

 

日本ユースド自動車査定協会が成形しているイエローブックという本の

 

査定スタンダードを採用している事例が多々あるです。

 

イエローブックの査定レベルは、適正と言えば、適正ですが、オークションの時価に

 

基づいている規格ではないのです。

 

イエローブックの査定スタンダードは、全部として現実のオークション時価より

 

安価になっています。

 

そもそもこの本自体が、ディーラーの下取りの営業マンを対象に作られていると

 

推測されるからです。

 

「この本通りの規格で、査定して、オークションに出品したら、損した」では困ります。

 

なので、全て的に安価に設定されています。

 

新車に近ければ水準を満たすまで的確ですが、特に、年季の入った車であれば

 

オールド車であるほど、実のところの時価とは程遠く安い値段になっている

 

ケースが多々あるです。

 

車名年式走行距離

 

型式等級傷、凹み修復歴の有る無し車体色等々を調べれば、

 

よほどの素人でない限り、ほぼピンキーポイントの時価を知る事ができます。

 

もちろん、ディーラーも下取りした車が、どれくらいで落札されるのかは、手間なくに

 

予想ができます。

 

(※当然、一般の人にはオークションの履歴を見る事ができませんので、

 

時価はわかりません。) 

 

けれども、ディーラーは今まで「大損する危険性を負えない」と予想した時価よりも、

 

かなり安い価格で買っていた下取り車で、オマケとは言え、莫大な利益を

 

挙げていたわけです。

 

先程、解説しましたが、下取りする価格を頑張ったところで、新車提供には、

 

全く影響もないのです。

 

危険性が減ったからといって、オークションの時価ぎりぎりの費用で買う不可欠は

 

どこにもないわけです。

 

下取りが安いなら帰するところ、買取専門店??

 

下取りがだめならなんとなく「買取店?」多くの人が連想するのではないでしょうか? 

 

そもそも車の買取専門店とは?? 買取専門店って如何になの?

 

ってところですよね。

 

それをよく汲み取るするために、買取専門店がどのように生まれて、

 

レベルアップしてきたのかを紹介していきます。

 

そもそも30〜40年ほど前のユースド車時価が不安定な頃は、

 

「買取屋」という商売は全くないのですでした。

 

ただし、その後ユースド車業界が盛り上がってきて、エキスパートオークション

 

の時価が固まり出した頃になると、それまで、ディーラーが半ばいやいや

 

引き取っていた車でぼろ儲けしていた下取り車を横目に見ていた人達が

 

「よし、じゃあ俺が積極的に買取して儲けてやろうじゃないか・・・」と

 

「ユースド車の買取」というサービスが誕生しました。

 

けれども、ただ「車買います」では誰も売りに来てくれません。

 

何も良いところが無ければ、みんなディーラーに車を持っていくからです。

 

だから、「ディーラーの下取りよりもタカクカイマス」 というのが、買取店には

 

最低でも必須な呼びかけになるのです。

 

でもタカクカウと言っても、実際にディーラーよりも何十万円も

 

高く買ってたら商売になりません。

 

一例を挙げればプロのオークションで50万円の車があったとしましょう。

 

ディーラーは20万円という代金を提示しました。

 

買取店はどんだけで買い取るでしょう? 30万円と言うでしょうか?? 

 

そんなことはなく、こんな無意味づかいは、商売をする人は必ずにしません。

 

要は下取りの良い面を差し引いてもお客さんが買取をピックアップするぎりぎりの

 

値段を提示すればいいんですよね。

 

だって、お客さんにとって、下取りや買取に出す車は、どこかしかには必ずに

 

引き取ってもらわないといけない処分品なわけです。

 

どんだけ安かろうが、最高ましな値段でとってもらわなければ、困るわけです。

 

下取りの良いところ(車をスムーズに乗り換えられる)を考慮すれば、

 

2万円ぐらい上乗せしてあげれば十分でしょう。

 

だから、22万円で買い取るといえばいいのです。

 

ディーラーからすれば、下取りの車が横取りされるようになる事は、多少なりとも

 

痛手ではありますが、とは言っても、肝心の新車が売れなくなるという

 

わけではないのです。

 

そもそも、新車を売るために仕方なく引き取りしていたものです。

 

そこそこに危険性がある業務でもありますから、ライバル企業がやってくれるなら

 

それはそれでありがたい事でもあります。

 

だから、買取店が自身たちよりちょっといい値段を付けるからと言って、

 

わざわざ追いかける必須はないのです。

 

それ故、買取店は、ディーラーの下取りにコバンザメのようにくっついて、

 

自ら達の利益を圧迫される事はなかったわけです。

 

だから、そのその頃の買取という商いは、それはそれは儲かっていたそうです。

 

その頃買取商いを開始出来た人の話では「笑いが止まらなかった」

 

という状況だったそうです。

 

そうして、はじめの一流企業の買取フランチャイズが生まれ、今日でも新たな

 

買取フランチャイズが毎日生まれ続けています。

 

ところで、一般的な商い、一例を挙げれば「ものやサービスを売る産業」では、

 

このように、巨大資本の法人が何社も立ち上がると、代金競争が激化すると、

 

競争に負けた企業は淘汰されてどんどん潰れていきますよね?? 

 

その結果、小さな法人はなくなっていき、一流企業の企業2、3社のみが

 

生き残るというシナリオになります。

 

けれども、買取業界では、だれもが知るよう買取フランチャイズだけでも、

 

数えきれないほどふんだんにある上に、名前も知らないような買取専門店

 

もいまだにいろいろ生き残っています。

 

すでに、業界概要としては、パンパンの飽和状況のはずです。

 

これだけ競合がひしめきあえば、金額競争は必ずに避けられません。

 

その上近頃ではそこに、一括査定のような、買取エキスパートとお客さんの間に入って、

 

手数料を取るようなプロまで現れています。

 

なぜ、その一方で多くの買取フランチャイズや、弱小買取店が生き残っている

 

のでしょうか?? 

 

この奇跡の状況を生み出している要因は2つあります。

 

買取屋が潰れない所以その1 「ディーラーの下取り」という大黒柱一つ目は、

 

圧倒的マックスの占有率を誇っているディーラーの下取りが安い事です。

 

訳についてはすでに解説しましたね。

 

車を売るきっかけは、「新車への乗り換え」が圧倒的に多々あるです。

 

その上、乗り換えのときに、ディーラーの下取りの予算を取らない人は

 

そんなにいません。

 

ひとまずそこで初めて聞いた自らの車の値段が、売り渡しの水準として

 

刷り込まれるわけです。

 

車を下取りに出す人も、何社も予算を取ってもらうのは骨が折れるですから、

 

適正な時価であれば、さっさと車を売りたいはずですから、ディーラー下取り一発で

 

決めてしまう人も少なくないのです。

 

例え、そんな訳で、踏みとどまったとしても、第二に入る買取店で、似たような

 

プライスだけど、ほんのちょっと高いプライスを提示されたら、もう我慢できません。

 

もっとも強力であるはずのマックス占有率の下取りが、「頑張らない」ため、

 

買取店側はきっちりと利益を確保する事が可能なのです。

 

客からは値段が全く見えない事買取店が生き残れる

 

最大限の要因はこれです。

 

いつも、商売は物を客に売って利益を上げる商売があらかたです。

 

けれども、ものを客に売る事例、必然的に費用を見せる不可欠があります。

 

客は、造作なくに代金の対比が可能なため、同じものであれば安いものを

 

チョイスする事ができます。

 

けれども、車の買取という商売においては、対比の規格となる値段が

 

客からは見えないのです。

 

ユースド車ですので、同じ車種、同じ年式、同じ走行距離であっても、

 

1台1台様子が異なる点ます。

 

各々の車において、査定士が時をかけて車を慎重に見ないと、

 

値段がわかりません。

 

それにより、手間なくに金額の対比は、お客さんの側が相当のエネルギーを

 

費やさないとできない仕組みになっています。

 

さらに、上に書きましたが、買取店側は、プライス対比を手間なくに

 

されては困りますので、「査定はフリー!」としながらも、一度店舗に入った

 

客や、出張査定で訪問した客からは、その場での契約を絶対迫ってきます。

 

値段だけパッと言って、帰らしてくれる店舗や、出張訪問からスンなり

 

帰ってくれる営業マンはまずいません。

 

これこそが、買取店がこれだけ数多くあっても、過度の金額競争に

 

陥らない最大限の影響なのです。

 

そうして、30年以上経った実際でも、これだけ買取屋さんがひしめいていても、

 

昔ほど大儲けするエキスパートこそないものの、各々の専門家がなんとか

 

生き残っていける環境が整っているのです。

 

オススメの一括査定サイトベスト3!

 

かんたん車査定ガイド

 

ズバット車買取比較

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

車買取相場と高く売る方法

 車買取相場と高く売る方法

 

車買取を高額で買取してもらう方法は誰でも知りたいものです。

 

どこに注意して売るべきかなど車買取で気になることもあります。

 

一般的に車を買い取ってもらう方法で、車種別の中古車買取相場も知りたいものです。

 

愛車の現在の査定相場を理解しておきましょう!

 

車 買取 相場

 

車 買取 おすすめ

 

車 買取 相場 匿名

 

車買取 ガリバー

 

車買取 アップル

 

車買取 一括査定

 

車買取 ラビット

 

車 買取 書類

 

車 買取 廃車

 

車買取専門店

 

オススメの一括査定サイトベスト3!

 

かんたん車査定ガイド

 

ズバット車買取比較

 

【中古車】SBTサーチ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

広告

PR