自動車査定

スポンサードリンク

車 査定 相場

 車 査定 相場

 

車の買取相場を正確に知るには

 

車の買取相場を左右する重要な要素があります!

 

モデル、年式、走行距離、ボディー色彩、事故の有る無し、オプション情報です。

 

モデルについて

 

モデルは最先端のもの、いわゆる現行モデルが高値で取引されます。

 

型落ちと言われる前モデルは現行モデルに比較し安いプライスで

 

取引されていますが、俗にリセールバリューも低いので、

 

一概にお値打ちとは言えません。

 

年式について

 

年式も時価形成に肝心な影響を与えます。

 

こちらもモデル同じく新しい方が高い値段で取引されていますが、

 

ユースド車で買い物する事例、新車から3年落ちの車両が

 

ナンバーワンお値打ちと言えます。

 

訳は、@現行モデルが多々ある事、

 

A初回車検時に売り渡しする人も多く値段がこなれている事、

 

B新車購買から2年目までが値段落ちがトップ大きい事、です。

 

走行距離について

 

走行距離はユースド車にとってお薦め値段に影響を与える要素です。

 

同年式、同車種でも、走行距離が1万キロと10万キロでは、

 

100万円以上の費用差が出る事例も多くみられます。

 

さらに高年式で走行距離が多々あるケース、極端に値段が下がる時も

 

多々あるので乗りつぶすつもりならそういう車を狙ってみるのもいいかもしれません。

 

但し、走行距離不明車は、市場値打ちが低いので手を出さない方が賢明です。

 

ボディー色彩について

 

大注目のボディー色合いは市場でも高い値段で取引されています。

 

ブーム色は車種によっても異なる点ますが、お決まり流行は黒かホワイトの2色です。

 

自らの好きな色が不人気色の時、安価に買える事例が多々あるですが、

 

売り渡しする時も適度の値段なので乗りつぶすつもりで

 

ショッピングする事をお勧めします。

 

流行色と不人気色では、国産車で20〜30万円、

 

ハイグレード輸入車の事例、50万円〜100万円の差が

 

付く事例がありますので注意深いに熟慮してください。

 

事故の有る無し

 

事故車の時、無事故車に比較し大きく値段落ちしますが、

 

事故車と判定された部位によってはお値打ちな事例もあります。

 

多くの事故車はフロント側の損傷で、ラジエーター、クーラーコンデンサや

 

エンジン等が損傷する事が多く、フロントの足回りにも影響が出るケースも

 

多々あるので、買い物するケースは用心が必須です。

 

お値打ちな事故車は、バックパネルチェンジなどの後ろ事故の車両です。

 

多くの事例、後部はトランクルームになっており、構成部品も

 

少なく足回りまで損傷する事は稀です。

 

事故車でもいいのでとにもかくにも安価に買いたいなら、

 

後部事故の車両をお勧めします。

 

オプション

 

買取時価に影響を与えるオプションは、サンルーフ、革シート、

 

ナビゲーションなどです。

 

エアロパーツやAWなども多額査定に繋がるケースもありますが、

 

パーツの組合せやトレンドなどに左右されるため、一概に加味になるとは限りません。

 

スペシャル仕様車なども高価で取引される時もありますので要参考にです。

 

買取時価検索では、モデル、年式、走行距離、ボディー色彩、事故の有る無し、

 

オプション情報がすべて掲載されているので自身の望む情報が正しく取得できます。

 

賢く情報を応用してスマートなカーライフスタイルを実現しましょう!!。

 

オススメの一括査定サイトベスト3!

 

かんたん車査定ガイド

 

ズバット車買取比較

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

広告

PR