自動車査定

スポンサードリンク

自動車 買取 相場

自動車 買取 相場

 

自動車の買取相場を正確に知るポイント

 

モデル

 

当然ながら最新モデルは高く取り引きされます。

 

型落ちの前モデルは現行のモデルに比べ安くなります。

 

車の値落ち率をパーセンテージで示したリセールバリューという情報がありますが、

 

型落ちは一般的に低くなってしまうのが実情です。

 

年式

 

相場に大きな影響を与えるのが年式です。

 

モデルと同じく新しい方が高額での取引になります。

 

中古車では新車から3年落ちが一番のお値打ちとされているようです。

 

理由としては、現行モデルが多いこと、初回の車検時に売却する方が多くて、

 

値段がこなれていること、新車の購入時から2年目までが値段落ちが一番大きいことです。

 

走行距離

 

中古車の価値に大きく影響するのが走行距離です。

 

走行距離が1万キロと10万キロでは、100万円以上の価格差が

 

出てしまうこともあるようです。

 

高年式で走行距離が多いなら極端に値段が下がる場合があるので

 

乗り潰すつもりでいるなら、そういう車を狙ってみるのも良いでしょう。

 

注意点としては、走行距離が不明な車は市場価値が

 

低くなりますので手を出さないことです。

 

ボディーカラー

 

人気のボディーカラーは高い値が付きます。

 

定番はブラックかホワイトです。

 

人気色と不人気色では国産車では20〜30万円、高級輸入車では50〜100万円の

 

差がつく場合もあるようです。

 

事故の有無

 

事故車は値段落ちしてしまいます。

 

ただし部位によってはお値打ちの場合があります。

 

多くの場合はフロント側の損傷で、エンジンや足回りに影響しますので

 

注意が必要になります。

 

逆に後ろ事故の車はお値打ちな事故車と言えます。

 

足回りまで損傷していることは、まれだからです。

 

オプション

 

影響するオプションではサンルーフや革シートやナビゲーションなどでしょう。

 

特別仕様車なども高額で取引される場合もあります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

広告