自動車査定

スポンサードリンク

自動車査定 走行距離

 

自動車査定 走行距離

 

自動車査定と走行距離の関係について

 

当然のことですが走行距離と査定相場は関係してきます。

 

愛車を買取に出す場合は走行距離が大きく影響してきます。

 

走行距離が長いほど価格が下がります

 

愛車とともに、たくさんの遠出をされている方も多いでしょう。

 

ドライブは気持ちよいですね。

 

しかし、売却の際にはドライブの多さが査定額に大きな影響を与えるのです。

 

車の価値は走れば走るほど落ちてしまうからです。

 

同じ年式の車種で無事故で無修正で内装などが良くても

 

走行距離の少ない車が圧倒的に高く売却できるのです。

 

走行距離の平均はどれくらい

 

車の平均走行距離は年間で、普通車なら1万キロで軽なら8千キロ程度です。

 

査定に出す場合の目安として、年間の走行距離が1万キロ以内か

 

それ以上かによって査定額に開きが出るわけです。

 

それでは乗っていなければ高く売れるかというとそうではありません。

 

車のエンジンはある程度動かさないと調子が悪くなるからです。

 

走行距離があまりにも少なさすぎるというのも、マイナスになることを知っておきましょう。

 

車の査定基準とは

 

中古自動車査定基準というのがあって、

 

車の車種でクラス分けされています

 

特Aクラスの車なら5年以上乗っている場合は、1万キロ以下の走行距離なら

 

245点プラスで金額にすると25万円ほどプラスされます。

 

愛車の走行距離と発生するプラス点数やマイナス点数を知っていれば、

 

中古車査定時に査定士に掛け合うこともできて便利になりますね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

広告