自動車査定

スポンサードリンク

車 査定 簡単

 車 査定 簡単

 

オンライン上でたくさん検索しても、単純に車の買取時価を

 

調べる手法って、実際に見当たらないですよね?

 

営業されたくない・・・

 

電話かかってきてほしくない・・・

 

実のところの査定までは受けなくてもいいんだけど・・・

 

オンラインで入力したら最後、電話が押し寄せ!キャー!!

 

電話だけの査定だと、結局車見せてくれって、おい!

 

とにもかくにも、こんな考えのお客さん、いろいろ見てきましたね。

 

何とかカンタンに、おおまかにした買取時価だけでも、調べる手法って

 

無いのかよー!って、考えますよね。

 

はい、あります。

 

めっちゃカンタンにできます。

 

名前、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報

 

無しで車査定ができます。

 

完璧個人情報不要です。

 

どのような事かと言いますと、車種、年式、等の情報を入力する

 

だけで、値段を教えてくれるWebページがあります。

 

だから、営業すらされない。

 

単純に、オンラインでバーンと代金がでます。

 

これです。

 

トヨタと日産のディーラーWebページにて、車種等の車の情報を

 

入力すると、概算費用が表記されます。

 

(マツダ、スバル、三菱、ダイハツ、スズキ等、他のメーカーも調査できます)

 

こちらからクリックしたらページに飛びますのでどうぞ。

 

ただ素人が時価を先に知る事は正直リスキーです!!

 

カンタンにこの代金を信用しないで下さい。

 

なぜリスキーなのか?充分にと以下を読んで下さい。

 

最後におまけとして、営業されずに最高額で売るメソッドも解説しますね。

 

ひとまず、このWebページ使えば、めちゃめちゃカンタンですよね)

 

みんな、知らないだけ。

 

おおまかにとした費用は、把握出来ましたでしょうか?

 

ただ、相当おおまかにしていますよね。

 

私が買取店の店長をしていた頃もそうですし、現在でも副業で買取をする時、

 

クライアントは、皆さん価格を知りたがります。

 

だって、次の車を買おうか如何にか迷ってたり車検を取ろうか売ろうか

 

迷ってたりたくさんな所以があって、迷ってて、次のアクションを起こす

 

ポイントにやりたいから、車の買取時価を、値段を知りたいんですよね。

 

ただ、この費用を一つのポイント水準として考慮してしまうと、とても危ういです。

 

これは、新車ディーラーさんのポイント値段にしか過ぎないですし、なんせ、

 

現物の車も見ていないから、おおまかにした値段に過ぎない、

 

のはもちろんです。

 

ただ、最も怖いのは、時価観が植えつけられてしまう、という事です。

 

どんな事かというと、その実、日本のユースド車の半数近くの比率が、

 

外国へ輸出されているという事を知りましょう。

 

驚いてと思われるかもしれませんが、毎年100万台以上が、

 

外国に売れています。

 

車体のみならず、エンジンやミッションなどの部品だけでも高く

 

取引されており、そのような部品も車両台数としてカウントすれば、

 

日本人が手放すユースド車の二分の一以上が外国に輸出されています。

 

とてつもない台数が、日本のユースド車市場には出回らず、

 

外国へ輸出されているんです。

 

新しい車〜オールド車まで、ものすごい需要があります。

 

新車ディーラーさんは、外国時価まで、あまり熟知していません。

 

よくある事なのですが、新車ディーラーさんで予算をしてもらった下取り

 

代金が承知いかず、さらに高く売れるんじゃないか?

 

顧客はそう思って買取店に出向きます。

 

これが、危ないんです。

 

新車ディーラーさんで、50万円の査定額を付けた車があるとします。

 

買取店に行くと、たくさん聞かれます。

 

ここで、「ライバル企業さんの予算は取られましたか? 

 

ディーラーさんの費用はどんだけでした?」という質問をされます。

 

「50万円くらいでした」と解答ます。

 

ここで買取店の査定士は、実のところの外国時価を加味した

 

査定額を算出します。

 

驚いたことに、実のところは、100万円くらいで取引されている車だ

 

という事が、判明します。

 

ここで買取店は、まさか100万円の提示はしません。

 

55万から始動して、お客さんと交渉しながら、最後には、

 

「即決してくれるなら、60万、いや、63万までお出ししします!」

 

こんなうまい事を言って、買取成約します。

 

その上、買取した車を翌週には輸出屋さんが集まる専門家オークションへ

 

転売して、大きな利益を得ます。

 

お客さんは、一番目に新車ディーラーの下取りプライスを知った事で、

 

この車の値打ちは、だいたい50万円くらいの価格の車だ、

 

という時価観が、ちゃんとと植えつけられています。

 

なんせ、新車ディーラーさんが提示した、下取り価格な訳ですから。

 

そこへ、査定額を添加10万円でもされて、そして、

 

「実際即決してもらえるなら、あとちょっとお出しします!」

 

こんな営業トークされたら、売ってしまいますよね?

 

外国時価を知らない一般の人は、車を売る時、大いに不利な立場なんです。

 

でも、「買取店に競合企業の査定費用なんか言うわけないじゃん」

 

交渉巧くとか、自信のある方なんかは、そう思うかもしれません。

 

では仮に貴方が仮に、新車ディーラーさんの下取り代金50万円を、

 

言わなかったと想定します。

 

「ディーラーさんの下取り代金、内緒です」と言ったとします。

 

そこまでしても買取店には、それをくずすメソッドがあるんです。

 

買取店は、お客さんがライバル企業プライスを隠すなんて事は、

 

普段茶飯事ですし、定期的何人ものお客さんと交渉を繰り返しています。

 

たいていの営業マンは、何百人、何千人という人数の

 

お客さんとの交渉経験をしています。

 

逆に、一般のお客さんは、一生で何回か程度、多くても

 

10回くらいしか、買取査定の瞬間なんてないと考えます。

 

もう、経験の差がぜんぜんちがいます。

 

買取店には、ユーザー用の営業トークが数多く下拵えされています。

 

でも、結局のところ、面白いくらいに、お客さんって、

 

パターン化が可能なんです。

 

その上、顧客の言動や行動、一つ取ってしても、その人が

 

競合企業査定を受けた人なのか、初めての査定の人なのか、

 

どういった性質の人なのか、しれ?っと、常識的にチャットをしながら、

 

色々な情報を得て商談をしています。

 

「俺も営業マンだから、そのようなの見破れるよ!」なんて声もありそう

 

ですが、自信居宅の営業マンのお客さんは、反対に、めちゃめちゃカンタンに

 

落とし込む事もできます。

 

結局、その業界の専門家にはかないません。

 

オンラインでは、そこまで詳細には書けないのですが・・・

 

とにもかくにも、専門家はとどのつまりエキスパートなんです。

 

だから、オンラインで造作なくに時価を知れるとか、反対にそれを信用して

 

しまうと、脳内に時価観ができあがってしまって、現実にクルマを高く売る

 

どころか、激安で買取りされてしまうリスキー性を秘めているという事です。

 

実のところ、10年以上痛むようにて、10万キロ走っている車、

 

インテリア装飾外装がボロボロでも、100万円以上の長所がある車、

 

実を言えばゴロゴロあります。

 

こういったクルマを、先入観でありがたみが無い、と素人は思ってしまいますが、

 

これが大いにリスキーです。

 

新しい車から年季の入った車、走行距離が多々ある車、壊れている車、

 

事故ってグッシャリの車まで、外国時価では跳ね上がる事が良く起こります。

 

外国時価を知らないと、高く売る事はシビアです。

 

じゃあ、如何にすればよいのか?私が買取店ご時世に、限界価格を

 

出すしか買えなかった手段です。

 

本当はプレーンで、要は比べる、または競争させるという事なんです。

 

ここで一つ、思いつくのが買取店めぐりだと考えますが、

 

それはやめた方が良いです。

 

1店1店、ショップを回る行為は、正直危ないです。

 

どんな事かと言うと、A店 という名高い店に行きました。

 

そんな訳で、50万円と言われ、営業マンにこんな事を言われます。

 

「B店は行きましたよね? え?行ってないんですか? 

 

この車はB店の得手不得手の車なんで、うちはたぶん勝てないですね〜、

 

仮にうちの方が高かったら戻ってきてくださいね。」

 

な〜んて言われたら、必ずB店に行きますよね。

 

そんな訳で、B店に行ったら、「お客さんの車を、どんどん探していた

 

お客さんにマッチするので、即決していただけるなら60万円出します!」

 

こんな事言われたら、グラついちゃいますよね?で、60万円を提示されて 

 

売り渡し成立したとします。

 

ところが、ふたを開けてみると、このA店と、B店は、親会社が同じ企業で、

 

裏で打ち合わせをしていた・・こんな時が、その実あったりします。

 

かんたんに言うと、談合です。

 

加えて、本当は100万円以上の美点があった…という訳です。

 

これは一例ですが、これ以外にもふんだんにの仕掛けがあり、

 

やはりにここでは書けないんです。

 

とにもかくにも業界未経験の人は非常に危ないです。

 

私が専門家として買取店をやっていたケース、限界プライスを

 

出さないとダメなお客さんが居ました。

 

おススメの売り渡しテクニックは、2つあります。

 

最初に一つ目です。

 

専門家どうしで、値段を競り合ってもらう事です。

 

え、そのような事が可能なの?と考えますが、はい、可能なんです。

 

すごいWebページがあります。

 

オンラインで査定注文するだけで、こんな感じで、だいたいの

 

買取時価が表示されます。

 

更に、これだけじゃないです。

 

プロの限界費用、つまり最高額で売れる

 

電話が押し寄せしない

 

営業されない

 

個人情報が全部漏れない

 

すごくラクでかんたんで時も手間もかからない

 

値段も賛同 透明性がある

 

言うまでもなく、フリーで機能面で優れた車業界、オンライン業界、

 

長期に渡っていますが、実際に驚異的なWebページです。

 

実際まで、ここまで徹底的に支出者向けなサービスは、影響しませんでした。

 

ユーカーパックというWebページです。

 

これ、如何にいった仕組みになっているかと言うと、細かいところを書きます。

 

フリー査定の申請をします。

 

この時、入力するのはとても少ない情報だけで、住所もエントリー時には、

 

番地まで書かずにOKで、郵便番号だけでOKなんです。

 

個人情報は買取店に全部もれません。

 

ユーカーパックさんにだけ行きます。

 

申請をすると。

 

車の概算代金が表示されます。

 

話し合いデスクから連絡がきます。

 

ここでは無論営業されません。

 

ユーカーパックの話し合いデスクのオペレーターからのみ、連絡が来ます。

 

※ ユーカーパックさん以外には、全部個人情報は漏れません、

 

買取店からの営業電話やメールも、全部ないのです。

 

ゼロです。

 

査定を受けるか如何にかは貴方次第オペレーターに

 

車の詳細を伝えて、より的確な買取時価を聞くのもありです。

 

査定の日時を予約します。

 

査定は、最寄りのガソリンスタンドに車を持ち込むか、

 

ユーカーパックの査定士に出張査定をしてもらいます。

 

無論、フリーです、パーフェクトに。

 

実のところに査定を受けます。

 

査定は、数十分程度。

 

貴女は、「ただ待つだけで」なんの営業も交渉も受けません。

 

ただ、査定してもらうだけです。

 

そんな訳で、査定士の方が車の写真を撮影し、査定表を成形します。

 

(とうぜん、車は乗って帰って平気です)

 

ユーカーパックさんがオンライン上のプロオークションに出品をします。

 

(車は乗ったままです)打ち合わせした要望日に、勝手に出品してくれます

 

ので、全部手間はかかりません。

 

ユーカーパックでは、2000社以上の全国各所の車屋さんが所属していて、

 

一斉にオークション(セリ)をします。

 

専門家同士が競争して、貴女の車を、どんどん入札していきます。

 

今後所属店はさらに増大していくでしょう。

 

そんな訳で、最高額のプロに売ります。

 

勝手に専門家同士が競り合うので、営業の駆け引きをされるとか、

 

全部ないのです。

 

オンラインで入札状況をリアルタイムで見れます。

 

最低落札値段を下回っていれば、売らなくてもOKです。

 

(最低落札値段は、実のところのエキスパート時価を見ている

 

ユーカーパックの担当者さんと折衝できます)

 

落札後に、書類を準備します。

 

ユーカーパックさんが、売り渡しするのに必須な書類を、すべて教えてくれます。

 

貴方は、指示された書類を下拵えするだけです。

 

他にも、車の引き取り日を決めます。

 

書類と、車を引き取ってもらいます。

 

車の引取りは、もう完璧におまかせなので、コストもかかりませんし、

 

指定した日時に引取りに来てくれます。

 

指定の銀行口座へ、振り込みをしてもらいます。

 

車と、書類を渡した後、指定の日時に振込してもらいます。

 

落札プライスまるまるが、振り込みプライスになります。

 

車って、実を言えば車体の費用のほかに、自動車税や支出税などの

 

価格がありますが、これらはすべて内蔵された費用になっています。

 

ありきたりに新車ディーラーで下取りする時も、巨大資本買取店で

 

売る時も、同じく内蔵された値段になっています。

 

まあ画面で表示された落札価格が、貴方の口座に振り込みされる

 

費用、とだけ覚えておけばOKです。

 

売り渡し後、名義修正が完了した車検証を送ってもらいます。

 

不可欠があれば、名義修正が完了した車検証コピーを、メールや配送で

 

送ってもらい、確実に名義手直しが完了した証拠をもらう事もできるです。

 

まあ名変は確実にしてもらえるので、見過ごせないようであれば

 

注文しても良いかと考えます。

 

これで、終わりです。

 

とまあ、実際に元エキスパートである自らが言っても、つっこみどころがない

 

サービスです。

 

真っ先にエキスパート同士が入札形式で競り合うというのが、

 

そもそもプロ専門のオークション会場の仕組みと同じなので、

 

ごまかしようがないのです。

 

限界まで入札しないと、買えないわけですから。

 

更に、加入店が2000社以上って・・更にどんどん増大してるという事

 

ですので、貴女の車種に特化した、優れているな車種を望むと

 

思っている専門家同士が戦ってくれます。

 

軽自動車専門店、輸入車専門店、スポーツカー専門店、輸出専門家、

 

解体エキスパート、ミニバン専門店、小柄カー専門店、四駆専門店、

 

改造車専門店、リッチ車専門店、旧車専門店、ありとあらゆる、

 

専門プロが争って入札をしてくれます。

 

なので、巨大資本買取店はユーカーパックさんには加入店として

 

参加していません。

 

そもそも、ユーカーパックさんから仕入れをしても、専門プロ同士が

 

競り合うので結局は高く買うしか無いとわかりきってるので、

 

参加していないんです。

 

一流企業にとっては、目の上のたんこぶのサービスです。

 

それが、高く売れる箇所であるという、確たる証拠ですね。

 

なんでフリーで可能なのか?これはエキスパートから

 

お金を頂いているからです。

 

月額使用料とか、落札した車の台数に比例して料金を

 

もらっているためです。

 

仕入れを頼っている専門家専門のオークション会場だって、

 

月額料金や落札料がかかります。

 

それと同じなんです。

 

でも、専門家にとっては高く仕入れる位置なのに、なんでプロは

 

ユーカーパックを仕入場所として頼るのかと言うと、実を言えば

 

普通のエキスパート専門オークションって、良質な車を仕入れる

 

のがけっこう厄介なんです。

 

出品者側のエキスパートは、壊れている車や、壊れそうな状況の

 

車をうまく隠して、わざとエキスパート専門オークションに出品します。

 

買う側の落札店はそれを見抜けなくて、たまにそれにひっかかって、

 

状況の良くない車を落札してしまう事が、けっこう多々あるんです。

 

専門家専門オークションは、ババ抜きの様な世の中でもあるんです。

 

でも、一般のお客さんから仕入れた車は、そういう変な車を

 

仕入れる確率が格段に低くなります。

 

壊れている車は、査定表に壊れている車として出品されますから、

 

専門家からも頼られていて、仕入れの一つの位置としてユーカーパックを

 

使っているプロが現実に加速度的に増加している状況があります。

 

ユーカーパックの悪いところは?でも、悪い面もあります。

 

これだけがおしいのですが、少々、売るまでに時が必要になる事です。

 

査定して、オークションに出品して、というプロセスがあるので、

 

1週間〜2週間ほど、時がかかってしまう事です。

 

急いでいる人は、二つ目の売り方、いくつかの買取店で比べる

 

技術で売りましょう。

 

二つ目の売り方です。

 

いわゆる、オンラインの一括査定注文を使用して売り渡しする事です。

 

1つ、一括系Webページの中で、最高のおススメサイトがあります。

 

オンラインの一括査定Webページの事例、「並行して」 

 

査定要請されるので、買取店同士、安い代金を言うと、直ちに

 

競合企業に持ってかれてしまうため、高いプライスを提示するしかないんです。

 

私が買取店店長だった事例は、新規のお客さんが望むので、たくさんな

 

一括査定Webページに算入店登録をして活用していました。

 

一括査定Webページ経由のお客さんは、実際に苦労しました。

 

ただ、これも日本中にたっくさんの一括査定Webページがありまして、

 

私は買取店ご時世に、4つのWebページに加入店登録をしていました。

 

4つのうち、3つの一括査定Webページは、わりと安価に買う事ができました。

 

ただ、1つだけ、限界プライスを提示しないと、買えないWebページがありました。

 

やはりリクルートが、雑誌だけだったご時世からコツコツやってきてるだけあるな、

 

と考えます。

 

さっきも解説しましたが、カーセンサーネットの一括査定Webページです。

 

カーセンサー.net手間なくオンライン査定業界、一括査定系Webページ

 

の中では、圧倒的ナンバーワンの、所属店数があります。

 

他の一括査定Webページは、まだフレッシュなITベンチャー会社が

 

そんなにで、加入店数がとても少ないんです。

 

一流企業買取店や、各地方ごとの買取店くらいしか、参加していません。

 

カーセンサーは、地場の提供店のみならず、ユーカーパックと同じように、

 

全ての専門店や、輸出専門家や、解体プロまで巻き込んでる為、

 

底力があります。

 

更にトレードマーク的なのが、算入店である専門家へ、

 

望む車種のみを発送てくれるサービスをしています。

 

なので、輸出向きの車を査定注文フォームへ入力すれば、輸出車両の

 

買取りが優れているな専門家へ注文ができ、新しい車、リッチ輸入車、

 

スポーツカー、ポンコツ車、SUV、軽自動車、ミニバン、などなど、

 

如何なる車でも、査定申し入れフォームへ入力すれば、その車種が

 

優れているな専門家へ要請ができます。

 

査定要請フォームに入力して、次の画面に進むと、一流企業買取店

 

以外に、あまり聞いた事のないエキスパート名があったりします。

 

近場の法人さんや輸出プロさんで、特定の車種を欲しがっている

 

専門家さんです。

 

それにより、一流企業買取店も全力の代金で勝負してきます。

 

一流企業買取店なんていうのは、何で巨大資本になったかというと、

 

安価に買って、高く売って来たからに他なりません。

 

ただ、一括査定経由の査定要請だけは、他店に取られるとブランド印象も

 

汚してしまいますし、真剣でやってきます。

 

あり得ないプライス提示を出してきたりましますので、私も良く負けました。

 

カーセンサーは、プロは安価に買えませんが、結局活用者が多々あるので、

 

エキスパートにとっては欠かせないサービスなので、しぶしぶですが、

 

活用していました。

 

ただ、車を売り渡しするユーザーにとっては、とても良いサービスだと考えます。

 

他にも、他の車の一括査定Webページと異なるところが、入力フォームへは、

 

住所を入れる必須が無いんです。

 

ユーカーパックと同じく、郵便番号だけ記入すればOKです。

 

番地まで入力する必須が無いので、最低限の個人情報が守れます。

 

そして、電話番号についても、任意項目という欄がありますので、

 

そんな訳で「メールで連絡お願いします」と書けば、

 

大抵がメール連絡をしてくれます。

 

最初に値段を知りたい、そのような用法で使用するのもありですが、

 

買取店さん、広告費を支払っているので、どうぞ売り渡し時には

 

しかも連絡してあげてください。

 

カーセンサー.net手間なくオンライン査定車を売るんだったら、

 

一括査定サービスはカーセンサーが最もベストチョイスです。

 

堂々と、いくつかの査定企業へ申し入れしましょう!整理ますなので、

 

もうに売りたい人は、カーセンサーで査定要請したら、もうに売れます。

 

営業されたくない、個人情報も渡したくない、時もまだ若干ある、

 

かくの如き人は、ユーカーパックがおススメです。

 

結局どっちが高く売れるのか?

 

カーセンサーは、私は安価に買えた事は、

 

ほぼないのでした。

 

ユーカーパックは、そもそもが専門家同士で競争入札をするので、

 

もちろん、如何なるプロも限界まで出してきますから、最高額で

 

売れない要因がないです。

 

うーん、本当、甲乙つけがたいです。

 

他にも諸々な車の売り方やWebページなどはありますが、

 

この二つのどっちかであれば、真っ先に間違いない、と言えます。

 

がんばって、高く売りましょう!

 

あと、次の車が決まってるなら、自動車保険もちゃんと参加しましょう。

 

とにもかくにもトップ安い自動車保険を探すなら、保険スクエアbang!

 

というWebページで、最大限17社の保険企業から最安の企業が

 

見つかるので、めちゃ推奨です。

 

店舗ですすめられる自動車保険は、車屋さんもマージンを取るのが

 

いつもなので高くなります。

 

なのでオンラインで最安値を探すのが良いですね。

 

ほぼ電話はかかってきませんので心配無用です。

 

新車のショッピング、ユースド車の買い物、安価に買いたいなら?

 

結局、永遠のテーマですよね。

 

安価に車を買いたいっていうのは、誰しもが思うところです。

 

先ずは、ユースド車を安価に買うには?

 

買う時は、売り渡し時よりもラクで、安価に買う事もできるです。

 

売り渡し時は、適正時価が解らないから、苦労しますが、買う時は、

 

オンラインでいっぱい同じような車が、値段を充分に記載して

 

豊富に情報があふれています。

 

ここで、だいたい値切っても、このくらいの値段なんだな、

 

と想像がつきます。

 

更にもう若干安価に買いたいのであれば、その実、これも

 

買取専門店さんから買うと、結構安価に買えたりします。

 

世の中の、街のユースド車屋さんって、仕入れは、殆どが、

 

専門家オークションから買い物しているんです。

 

車の流通は、こんな感じです。

 

売る人 ⇒ 買取屋さん ⇒ 専門家オークション ⇒ 

 

町のユースド車屋さん ⇒ 買う人という流れです。

 

買取屋さんのケース売る人  ⇒  買取屋さん  ⇒  

 

買う人という感じで、飛ばせるんです。

 

実のところ、真ん中の専門家オークションが仲介に入ると、

 

1台で10万円〜20万円、それ以上支出がかかったりします。

 

実のところ最大手の買取専門店さんは、実際では、

 

日本一のユースド車提供台数にまでなりました。

 

買取屋さんは、安価に仕入れている分、もうに利益が

 

確定可能なのであれば、さっさと売ってしまいたいんです。

 

ただ、自然ですが、高く売りたいのが本心です。

 

そんな訳でオンラインを活用して、同じ様な車種をたくさん

 

予算をしたりして、時価観を養って下さい。

 

だいたい、○○万円くらいが時価なんだな、と分かってきます。

 

その時価観を武器に、買取店さんが仕入れる車に、

 

それよりもわずか安いプライスで買うと提示してみてください。

 

かなり巧みな価格の提示になる確率は高いです。

 

なびくる というユースド車お探しサービスは、一流企業買取専門店

 

の、買取したてのほやほや車両を、助言してくれるサービスです。

 

ここで、自身が探している車の、車種、年式、走行距離

 

などの情報を入力します。

 

そうすると、入荷した買取車両をどんどん助言してくれる、

 

というサービスです。

 

買取店は、仕入れた車をもうに現金化やりたいので、

 

利益が確定可能な様であれば、直ちにに成約やりたいのが本心です。

 

時価感があれば、交渉は有利に進められると考えます。

 

ここは、東証局所上場の株式会社エイチームさんのサービスです。

 

新しい、ユースド車調達のサービスですね。

 

新車を安価に買いたいなら?未使用車、新古車って知ってますか?

 

新車ディーラーさんが、提供台数を稼ぐために、

 

わざと大目にメーカーに発注します。

 

数多くメーカーに注文すると、報奨金がもらえたりします。

 

ヤマダ電機などの、巨大資本大型小売店とかと同じ原理ですね。

 

ロットで注文すれば、報奨金がもらえる。

 

なので、新車ディーラーさんも、メーカー(トヨタ、日産等)から、

 

いろいろ買うんです。

 

売れ残った新車を如何にするかというと、車検を取って、

 

プロオークションへ、出品するんです。

 

車検を取得すると、その車は新車ではなく、ユースド車、になります。

 

ただ、誰も乗った事も無い車なので、「未使用車」とか、

 

「新古車」という名前がついています。

 

ただ、バックアップは如何になるの?

 

はい、バックアップはディーラーで買うのと、まったく一緒です。

 

新車は、ディーラーでなくとも、ユースド車店から買っても、

 

友達から買っても、3年間は、ガッチリメーカーバックアップがついています。

 

新車ディーラーさんで買うのと、まったく何も移ろいません。

 

新古車を買った後、その車をどこでも良いので、

 

ディーラーに持ち込んでください。

 

新車バックアップ継承の申込み手順(フリー)をします。

 

これで万事OKです。

 

他にも、こういった未使用車が、プロオークションには

 

豊富に流通しています。

 

どこで買えるのか?というと、どこのユースド車店でも買えます。

 

近場のおっちゃんが運営しているユースド車屋さんに行けば、買えます。

 

まあ・・なんか心もとない・・そう思う方は、巨大資本買取店さんが、

 

エキスパートオークションから、新古車、未使用車を買い付けて

 

きてくれます。

 

くどい様ですが、きちんとサポートは3年間は付いています。

 

絶対、サポート継承と言って、買った後にディーラーさんに

 

持ち込んでくださいね。

 

万が一プラスアルファのバックアップやメンテナンスパックが欲しければ、

 

ディーラーさんで助言してくれますので、そんな訳で参加してください。

 

以下、なびくる車提供サービスは、巨大資本買取店が

 

定期的買取で入荷する良質車両を助言してくれるサービスです。

 

自身の望む車を入力すれば、買取店側から

 

入荷車両を教授してくれます。

 

新古車や、未使用車が必須であれば、備考欄に、

 

未使用車お願い、と書いて下さい。

 

オススメの一括査定サイトベスト3!

 

かんたん車査定ガイド

 

ズバット車買取比較

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

広告

PR